このエントリーをはてなブックマークに追加

ATM手数料や振込手数料なんて払ってはいけない

By   2014年8月12日

fc0010

 銀行や郵便局におカネを「預ける」のが預貯金です。「預ける」と言うと聞こえは良いですが、言い方を変えれば、「預ける」とは銀行や郵便局におカネを「貸している」と言うことです。

 2014年8月現在、日本を代表する銀行である、三井住友銀行の定期預金の1年金利は「0.025%」です(300万円未満)100万円を1年間預けて250円しか利息が貰えません。

 逆に私たちがフリーローン(無担保型)で100万円を借りると、
1年金利は「5.975%」ですので59,750円の利息を支払うことになります。
(59,750円は単純計算です。返済の仕方によってはこの限りではありません。)

 銀行がいかに「安く借りて」「高く貸している」かがわかるかと思います。しかも、100万円を1年間預けて250円しか貰えないのに、
ATMで土日祝日や時間外に「自分のおカネ」を引き出すと108円取られます。

 他行振込手数料にいたっては1件あたり、216円~432円かかります。
コレは、なんなんですかね?皆さんはイラッとしませんか?
これは三井住友銀行が特殊なのではなく三菱東京UFJや、みずほ他の銀行も、大差はありません。銀行なんて所詮こんなモン「金貸し」なんです。

 銀行はまっとうでサラ金は悪徳とか言ってる人をたまに見かけますが、
何を寝ぼけてるんですかね?サラ金に資金提供してるのは銀行です(笑)

 とまぁ文句ばかり言っても仕方ありません。少しでも余計なおカネは払わないように心がけましょう。

 私は 住信SBIネット銀行という銀行を利用しています。

 月3回まで他行振込手数料無料・ATMも土日だろうが夜中だろうが無料です。定期預金は100万円1年で「0.25%」。メガバンクの実に10倍です。100万円を1年間預けて2,500円貰えます。

 住信SBIネット銀行のような銀行がどんどん増えてくれれば、競争が激しくなってメガバンクも、もっとサービスがよくなるのですが・・・

都市銀行とネット銀行のサービス比較