このエントリーをはてなブックマークに追加

「リボ払い」利用時の注意点

By   2014年8月12日

fc0008

 リボ払いは毎月の支払い額が一定の金額になる便利なサービスです。
便利な反面、現在の残債がいくらで、すべての支払いが「いつ終わるのか」
を把握しにくいという危険な面もあります。

 たとえば住宅ローンや車のローンなどでは、下記のような支払い表が送られてきます。

例)100万円を年利12%で借入 毎月5万円返済

支払い額 内 利息 支払い後残髙
2009年1月 ¥50,000 ¥9,863 ¥959,863
2009年2月 ¥50,000 ¥9,467 ¥919,330
2009年3月 ¥50,000 ¥9,067 ¥878,398

 ・
 ・
 中略
 ・
 ・

支払い額 内 利息 支払い後残髙
2010年9月 ¥50,000 ¥1,158 ¥68,559
2010年10月 ¥50,000 ¥676 ¥19,235
2010年11月 ¥19,425 ¥190 ¥0

 こういった表があると何かと計画が立てやすいものですが、リボ払いでは、
こういった表がない上に、残債に応じて支払い額が少なくなったりするので、
ついつい返済期間が長くなり金銭感覚が麻痺しがちです。

 そこでエクセルを使って支払い予定表を作ることをオススメします。

エクセル用支払い予定表サンプル ダウンロード

使用方法

 ダウンロードしてmpay.zipを右クリックして「すべて展開」する。
まずは展開された「mpay」フォルダ内の「はじめにお読みください」を読んでください。
その後「mpay.xls」をダブルクリックし、エクセルを起動。そして残債・実質年率・支払い開始年月を入力します。

画像をクリックで拡大

hensai1-2

 次は 毎月の返済額を入力していきます。

画像をクリックで拡大

hensai2-2

 入力を続け残債が0以下になったら完済です。

画像をクリックで拡大

hensai3-2

 残債が0になるように返済額を調整します。

画像をクリックで拡大

hensai4-2

 次は返済期間を確認しましょう。「年 / 月」のセルを回数分、選択します。

画像をクリックで拡大

hensai5-2

 編集メニューからフィル→連続データの作成を選びます。

画像をクリックで拡大

hensai6-2

 連続データの設定をします。「列・日付・月」を選択し増分値を1に設定します。

画像をクリックで拡大

hensai7-2

 最終支払いまでの「年 / 月」が埋まり支払い期間がわかります。

画像をクリックで拡大

hensai8-2

 このエクセルシートの計算結果はあくまでも目安とお考えください。
実際の返済金額とは多少、異なります。
(1ヶ月の利息を30日分の利息とし閏年には対応しておりません。)

 尚、このシートの利用によって生じたいかなる不利益、不具合等も、
当サイトでは一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

ファイナンシャルケア 免責事項